元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事Kihin

上海駅

海外ツアー 上海旅行
上海駅
旅の細道 旅行 観光 トラベル

shanghai_station.JPG


上海の陸の玄関口である「上海駅」。駅から市内に向かう場合、1.タクシーか、2.バス、3、地下鉄という方法を取ることになります。
1、タクシー
タクシーにはいわゆる「国営のタクシーと、観光客相手の私営タクシーがあります。タクシーは、目的地まで直行してくれるので便利ですが、いつも長蛇の列です。待つこと覚悟ならば、どうぞ!
また、私営タクシーはすぐに乗れるという利点はありますが、強引な客引きや、悪徳で、とんでもない料金を吹っかけてくることがあるので、よほど慣れた方以外は、お勧めできません。

syanhai_bus.jpg


2.バス
バスは、公共のバスとミニバスがあります。
格安で便利ですが、公共のバスはスリが多発しているので要注意です。またかなり混み合っているので、余計スリには、格好の「仕事場」になってしまうのでしょう。
荷物をとりあえず宿泊所などにおろしたあとに、上海観光に出かけようというときには、利用してみるとよい経験になるかもしれませんが、大きな荷物を抱えているときには避けたほうが無難です。
その場合は、ミニバスがいいかもしれません。スリは少ないようですし、速いです。

syanhai_tikatetu.jpg


4.地下鉄
タクシーでもなく、バスでもなく、という人は、地下鉄となります。地下鉄は、早いし、安いし、なかなかお勧めなのですが、欠点は終電が早いことです。
最終で21時なのです(ただし、変更している可能性もありますので、ご自身で必ずご確認ください)。



 
posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 08:31 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アユタヤ王朝(2)「日本人とのかかわり」

●○海外旅行売れ筋ベスト10○● 出発地別ランキング!
格安、添乗員付き&フリープラン、世界遺産、観光地網羅・・売れているには訳がある



アユタヤ王朝と日本人
旅の細道 旅行 観光 トラベル

ayutaya3.jpg


前回に引き続きましてアユタヤ王朝についてのお話をしていきましょう。
アユタヤ王朝と日本人≫続きはこちら
posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 06:09 | Comment(0) | アユタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空路

●○海外旅行売れ筋ベスト10○● 出発地別ランキング!
格安、添乗員付き&フリープラン、世界遺産、観光地網羅・・売れているには訳がある



上海旅行
空路
旅の細道 旅行 観光 トラベル

hikouki.jpg

上海旅行観光でみなさんがお使いになるのは、次のルートではないでしょうか?
東京発から上海へ・・・3時間
・日本航空
・全日空
・中国東方航空
・中国国際航空
・ユナイテッド航空
・ノースウェスト航空

大阪から上海へ・・・2時間
・日本航空
・中国東方航空
・中国国際航空
・中国西北航空

名古屋から上海へ・・・2時間30分
・中国西北航空
広島から上海へ・・・2時間
・中国東方航空
福岡から上海へ・・・1時間30分
・中国国際航空
長崎から上海へ・・・1時間30分
・日本航空
・中国東方航空

非常に時間的にも短いことにびっくりします。(ただし、変更している可能性もありますので、ご自身で必ずご確認ください)

国内線は、上海から毎日便のある都市は次のとおりです(ただし、変更している可能性もありますので、ご自身で必ずご確認ください)。
・成都・・2時間50分
・福州・・・1時間20分
・桂林・・・2時間30分
・武漢・・・2時間
・海口・・・3時間
・温州・・・1時間
・大連・・・2時間
・重慶・・・2時間30分
・黄山・・・1時間
・長春・・・2時間10分
・寧波・・・40分

その他、蘭州便が週に何本か出ています。2時間20分。
中国において国際線・国内線の予約の仕方は、中国東方航空では次のようになります。
・チケットの予約は、国際線は1年前から、国内線は15日前から受けつけています。リコンファームは必要で、中国系や外国系の航空会社では、72時間前までに済まさないとキャンセルされてしまいます。
リコンファームは、基本的にご自身で取るのが確実です。パスポートとチケットをもってカウンターにいけばいいのです。
とはいえ、中国語は無理だし、英語も危ういと言う人は? 
ホテルのフロントや、旅行代理店に頼めば代行してくれます。ただし、手数料が確実に取られます!



posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 06:27 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食中毒と漢方薬

海外ツアー   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

食中毒と漢方薬
旅の細道 旅行 観光 トラベル

syanhai_matikado.jpg

中国はお世辞にもあまり、かなり?衛生状態が良好というわけではありません。
それは、上海といった都会を観光旅行していても決して例外ではありません。だいたい有名なホテルでも、水道水には注意し、口にしないようにしてください。
衛生状態がよろしくないところで食事をすれば日本人のように普段、無菌室のような環境で食事をしている人たちは、ほぼ間違いなく、お腹にきます。
食中毒は、衛生状態の貧困さと、そもそも衛生思想の欠如からもたらされるのです。
したがって、一流レストランや一流のホテルでも、これを防ぐのは難しいです。
旅行者である私たち自身が、観光だけでなく、自分の体調にもよーく目を凝らし、身体の言葉に耳を傾けるしか、予防策はないようです。
特に危険が増すのは、夏場です。
上海を観光で旅行しているときには、生水は絶対に口にしないことはもちろん、必ず火を通したものを食べるようにしましょう。

『康佳潤肌(こうかじゅんき)乳液』赤ちゃん、アトピー、敏感肌の方のために!医師が開発した保湿と清浄に優れた漢方薬入り乳液。

また、中国なら漢方薬がいいのでは? と思う方もいらっしゃるかもしれません。また漢方薬なら副作用がないのでは? と「誤解」していらっしゃる方もいます。これは「危ない誤解」です。
中国で、たとえ上海や北京などの都会でも!売られている漢方薬にはかなり危険なものがあるのです。
副作用もあることがあり、信頼のおけないルートによるものには絶対に手を出さないことです。
注射液の管理なども、かなり怪しいところがあるので、くれぐれも信頼のおける病院で手当てをうけるようにしてください。



 
posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 16:49 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東部・西部地域の味

JCBカード☆ディズニーリゾートゴールデンキャンペーン  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

上海旅行
東部・西部地域の味
旅の細道 旅行 観光 トラベル

中国料理は、大きく東西南北にわかれ、北は黄河地域の北京料理、南は南部沿海地域の広東料理がその代表となります。
では、東西についてはどのような特徴があるのでしょうか? 
それぞれの特徴があって面白いです。

syanhai_gani.jpg・東部・・・長江下流地方
上海料理がその代表です。
上海は、海や川、それに湖が近いことから魚介類をふんだんに使った料理が多いのが特徴です。
またこの地域は、しょうゆの産地でもあることから、しょうゆを使った味付けとなります。

名物の「上海蟹」は、それを食べるために上海旅行に訪れる人もいるといわれるほど! 当地では、蒸して食べます。
そのときに用いるのが、酢じょうゆです。

syanhai_sisen.jpg・西部・・・長江上流地方
「辛い」ことで有名な「四川料理」がこの地域の代表です。
四川省は、山に囲まれた盆地です。日本の山梨県のようなイメージ?そのため、本来は魚介を素材に用いた料理はありません。
もっぱら野菜と肉、淡水魚が中心となります。辛いこと、そして味付けが全般に濃厚です。
盆地という、夏は暑く、冬は寒いという気候条件から、辛い濃厚な豆板醤の味が生まれたのかもしれません。
名物は? 麻婆豆腐や回鍋肉です。

中国全体からすると、上海などの都会のレストランは価格が結構高めに設定されています。
中国旅行を、おいしいものを食べながらも格安にあげるコツは田舎では豪勢にコース料理を食べ、都会では質素に?
 麺類を、ということになります。でも、この麺類も結構おいしいのです!

全般に「南は薄味で、北は塩辛く、東は酸っぱく、そして西は辛い」と言われています。



posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 09:39 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒とビール、お茶

海外ツアー  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

上海旅行
お酒とビール、お茶
旅の細道 旅行 観光 トラベル

中国の人たちは、食べることも大好きだけど、飲むことも大好き!
せっかく上海、北京、杭州へと旅行に来たのなら、観光ももちろん、ビールも、お酒も、お茶もめいっぱい飲んで「中国気分」を満喫していきたいものです。





ビール
中国では、食事でまず席に着いたら、とにもかくにも飲み物を注文します。たいていビールなどです。
中国のビールは種類が豊富です。都市の数だけビールの種類があるともいえるほど、中国のビールを飲み歩いてみたい!という人は、列車に乗ってみてはどうでしょう? 次の駅に着くたびに、ビールを売り歩きに来てくれますので、そのたびに? 買ってみればいかがでしょう? 目的地に着くころにはすっかり出来上がっているかもしれませんねか






中国の宴会でも日本と同様、お酒は欠かせません。お酒に始まり、お酒に終わります。中国のお酒は、大きく2種類に分かれます。
・「黄酒」とは、アルコール度の低い醸造酒です。
有名な「紹興酒」は、この「黄酒」の代表的なもので、特に年代物を「老酒」といって珍重します。

・「白酒」・・・アルコール度の高い蒸留酒です。
「白酒」の代表的なものには、アルコール度が50〜70度もあるものがあるので、飲みすぎには要注意です。

お茶
中国は言わずと知れたお茶の産地です。もちろん、おいしい「茶葉」はあるのですが、観光客として町を歩いていて、どこかでおいしいお茶でもと思っても、なかなかそのようなところは見当たりません。しかたがないので、おいしいお茶の葉を購入して、自分で、旅の途中ならホテルにかええってから?入れるしかなさそうです。


posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 13:48 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部・北部地域の料理

WEBだから便利!海外自由旅行は予約.com  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

上海旅行
南部・北部地域の料理
旅の細道 旅行 観光 トラベル

中国は非常に広い国土をもつ国ですし、この広い大地に民族、言語、そして宗教が異なる多くの人たちがいっしょに住んでいるわけですから、ひとくちに「中国料理」といっても、さまざまなレパートリーがあるのです。
大きく東西南北に分かれ、そのうち南北は次の特徴があります

・南部・・・南部の沿海地域
syanhai_ryori.jpg
「食は広州にあり」と言われるように、食への関心が非常に高い地方です。
何でも、犬、蛇、などなど、食材に変えてしまうのが、ここの人たちです。
広東料理が代表的です。
気候が温暖なことと、山海の食材に恵まれていることから、味付けはあっさりと、素材の良さを生かしたものとなっています。
日本人の舌と胃袋にとって、最も優しい味に感じられるのではないでしょうか?
南部地方では、いろいろな点心を少しずつ食べる飲茶が有名です。観光のあいまに、もしお腹がすくようなことがあれば、たぶんないと思いますが!ぜひ、試してみられたらいかがでよう。

・北部・・・黄河地方
syannhai_pekin.jpg北京ダックでおなじみの「北京料理」が中心です。
北京では、宮廷料理として発達したものが多く見られます。それらは山東地方の料理を基にしているといわれ、それに各地の腕利きの料理人が集められて完成させたものです。
この北部黄河地方は、小麦が多く取れる地域です。そのため、いわゆる粉もの、麺や餃子(ぎょうざ)、饅頭(まんじゅう)、などの種類も豊富で、またおいしさも格別です! 寒い地方なので身体の温まるあんかけ料理や煮込み料理が主となります。
味付けは、「塩辛い」のが特徴です。

上海旅行にいらしたかたが観光のなかで口にするのは、上海料理でしょう。それは東部、長江下流地域になり、また別の味をもつ料理です。


小薇の愛しい上海料理 大切な人へのレシピ61品

小薇の愛しい上海料理 大切な人へのレシピ61品

  • 作者: 小薇(シャウ・ウェイ)
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/06/06
  • メディア: 単行本



posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 18:41 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブー・イナニア・マドラサ(神学校



  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

ブー・イナニア・マドラサ(神学校)
旅の細道 旅行 観光 トラベル

ブー・ジュルート門から左の路「ケビーラ通り」

inanamadrasa.jpg


ブー・ジュルート門を入ると、歩いてすぐに道がふたつに分かれます。左が「タラア・ケビーラ通り」で、右が「タアラ・セギーラ通り」です。
この2本は、とりあえず、迷路のようなメディナの大きな・・・といえるかはともかく・・・メインの通りとなります。

左手のタラア・ケビーラ通りに行くと皮職人の工房が、一方、右手の「タアラ・セギーラ通り」の方向にダール・バトハ博物館があります。

いずれにしてもどんどん行けば、両方の道はまた出会い、世界遺産メディナの中心である「カラウィン・モスク」に出ます・・・迷ったら、このカラウィン・モスクで待ち合わせ!という約束にしてもいいですね。

ブー・イナニア・マドラサ(神学校)

inaniamadorasa1.jpgブー・ジュルート門のアーチから覗いたときに見えた二つのミナレットのひとつは、「ブー・イナニア・マドラサ」。14世紀に、ブー・イナニア王よって建てられたマリーン朝最大の神学校です。

ブー・ジュルート門をはいって左の道、ケフタを焼く店の間を抜けてタラア・ケビーラ通りをちょっと・・・100メートルほど行ったところの右側です。

巨大な木の扉から中に入ると、大理石を敷き詰めた中庭に出ます。
壁面には彫刻を施された繊細な幾何学文様やタイルのモザイクが見事な芸術を生み出しています。とても人間業とは思えない緻密さです。
中庭の中央には水盤が置かれており、これは学生が授業やお祈り「サラート」の前に身を清めるために使用したといいます。
また、2階には学生たちが宿舎として利用していたという小部屋があります。



posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 18:01 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。