元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事Kihin

ロンドン ナショナル・ギャラリー

ロンドン ナショナル・ギャラリー
旅の細道 旅行 観光 トラベル
rondon_bijytu.jpg


海外旅行に何を求めるかは、人によって違いますが、ギャラリー巡りをして歩くと言う人もいらっしゃるのではないでしょうか?ロンドンは、ナショナル・ギャラリーをはじめ、世界的にも著名な美術館がたくさんあります。博物館もその倍以上ありますから、美術館、博物館をまわるだけでも、どれほどかかるかわからないくらいです。

そのなかでもロンドンに来たら真っ先に目指したい美術館は? おそらく「ナショナル・ギャラリー」と・・・答える人が多いと思います。

■ナショナル・ギャラリー THE NATIONAL GALLERY
ナショナル・ギャラリーは、1824年創設の歴史ある美術・博物館です。やはり著名なあの「ルーヴル美術館」と比較しても、その規模、内容ともに決して引けは取らない美術館です。

ナショナル・ギャラリーのコレクション
ナショナル・ギャラリーには、13世紀から20世紀初期までのヨーロッパ絵画を2000点以上の美術品の常時展示しています。なかでも、この美術館の目玉と言われるのが、イタリア絵画やフランドル派、オランダ派の絵画の美術コレクションです。

ナショナル・ギャラリーガイドツアー
膨大なコレクションを、限られた旅行の日程のなかですべて見るのはおそらく不可能です。そこで・・・どの美術館や博物館についてもそうですが、まずは「めぼしいもの」を抑えて、そのあと自分の気に入ったものをじっくりと見るというのもひとつの方法かもしれません。
ナショナル・ギャラリーでは、月曜日から土曜日まで1日2回、「美術館内ガイドツアー」を行っています。ほぼ1時間です。そのほか、火曜日から金曜日までは13時からは、50分間のレクチャーを開催しています。特定美術の絵画、アーティスト、話題などについて解説してくれます。



【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 18:23 | Comment(0) | 世界の美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ アブタイベルク美術館

旅行 観光 トラベル 世界美術館
ドイツ アプタイベルク美術館


アブタイベルク美術館.jpg

ドイツのメンフェングラートバッハには、現代美術ファンには必見の美術館があります。それが、「アプタイベルク美術館」です。
「アプタイベルク」というのは、修道院の丘という意味です。美術館のあるあたりにかつてベネディクト派の修道院があったからです。

●アプタイベルク美術館
ドイツのメンフェングラートバッハは、ディッセルドルフの西へ約30キロメートルいったところにある小さな都市です。しかし、その中央駅の駅舎は、アールヌーボーの趣をたたえ、なかなか雰囲気のあるものです。
この中央駅を出て正面の駅前広場を横切って走っているのが、ヒンデンブルク通りです。この通りを左側へ向かって歩いていくとやがて、ビスマルク通りにぶつかります。ヒンデンブルク通りと、ビスマルク通りが、要するにメンフェングラートバッハのメインストリートとなります。
このヒンデンブルク通りをここから少しずつ右へとカーブしながらのぼっていくと、やがて森がある通りと交差します。この森の脇を少しいくと、現代美術の素晴らしさで名高い「アプタイベルク美術館」に出ます。
美術館の近くには、市の市庁舎があります。これはかつて修道院だった建物を、市庁舎として利用したものです。アプタイベルク美術館を訪れたなら、その隣接して建つ大聖堂も見学してみてください。旧修道院付属の境界で11〜13世紀に建てられたものです。
アプタイベルク美術館は、火曜日〜日曜日までの10時から18時までの開館です。月曜日は休みとなります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 旅の細道 旅行 観光 トラベル at 07:02 | Comment(0) | 世界の美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
全国主要都市を結ぶ高速バス!
オンラインで料金・空席が一目でわかる!

関東⇔関西間の夜行バスが3,900円〜
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。